スターターを楽天ポイントで購入ならコチラ♪ラピッドファイアーが「4つ星」の納得価格♪ウェーバーチムニーを買うならココです

さすがウェーバー!放っておけるのでかかりきりにならずに!他のことができるのがいいですね。やはり、優れものです。BBQグリルもウェーバーなのでお揃いにもなりますし。

コスパがいい♪

2017年06月17日 ランキング上位商品↑

ウェーバー ラピッド ファイアー チムニー スターター【あす楽・即日配送】#7416 ウェーバー ラピッドファイアー チムニースターター(火おこし)Weber Rapidfire Chimney Starter バ

詳しくはこちら b y 楽 天

七輪的使い方として。炭を円形の筒状に立てて並べ、円形の底部分に新聞と細かい炭の欠片を盛り上げて着火すれば同じ効果が出せることは出せますが、量は少量です。20人くらいのバーベキューでも楽々炭お越しできそうです。わたしの場合ですが!使わなくなったバーベキューコンロの網の上に!固形着火材を手で数個に割って置いておきます(新聞や枯れ葉でも良いと思われます)それをチャッカマンで点火。火がつきましたら先ほど炭を入れたチムニースターターを置くだけです。今まで知識もなく適当にスプレーサイズのガス缶にバーナーを装着し炭に直接火を当てて着火するまで炙っていましたが!その苦労が恥ずかしいです。チムニースターターの中に炭を縦置きしておきます。大きさは大きめですが使う炭の量としてはちょうどいいです!またバーベキューのときに使うのが今から楽しみです(^^)チムニースターターを初めて使用しましたが、新聞紙一枚で10〜15分後にはごうごうと炎が上がっていました!ちょっと風があったので、あっという間のできごとでした。新聞紙5〜6枚程度か(各自で見極めること)7.本商品上部から火が噴くことがあるので重々注意8.必要に応じて炭の上下を入れ替える9.炭を入れ替える時に!新聞紙の燃えかすが風で飛び散りやすいので注意10.新聞紙の燃えかすを処理する。早速!週末に使ってみたいです。三種の神器というのも納得です。素晴らしい商品です!!以前は別のひおこし(キャプテンスタッグ)を使っていましたがおこせる量が少なく繰り返し使わなくてはいけませんでした。)1.準備物 チムニースターター!新聞紙!マッチ!炭!火ばさみ ◆コンクリートブロックなど燃えない平らな物 ◆新聞紙の燃えかす処理用!金属製ゴミ箱? ◆消火用バケツ&水2.本商品をコンクリートブロックなど燃えない平らな場所に置く3.本商品上部から炭を入れる4.本商品下部に新聞紙を丸めて入れ!火を付ける5.1枚目の新聞紙が燃え尽きる前に2枚目の新聞紙を丸めて下部に追加投入する6.上記(5)を適宜繰り返す。あと、チャコールグリルが一つしかない場合、グリルでリブなりなんなりを調理しているとBBQソースや付け合わせとかグリルで調理できないので、このチムニースターターの上にフライパンや鍋を置いて加熱して使ったりします。注文翌日に商品が届きビックリしました。放置しとけばいいんだ。合計5〜6回連続投入し燃やし続けました。今まで使ってたのよりはるかに大きくて収納や持ち運びには若干苦労しそうですが、着火性は確実にこちらの方が上です。又少量の着火剤でもすぐ火がつきました。新聞紙5〜6枚程度を使用し、約5分で火が熾ったように感じました。団扇で扇いだりせず、ただ新聞紙を適当な大きさに破って丸めて入れるだけで炭に火が熾ったので万々歳!(^^)!このような体験から次のような使い方が良いと「まとめ」てみました。昨日届いたばかりでまだ使っていませんが、テレビで非常に素早く炭に火がつくのを見てほしくなりました。恐らく、あの団扇で扇ぎまくりから解放されることでしょう。これと新聞紙とライターがあればOKです。所謂スマート・バーベキューには必須です。少々お金をかけても、これならどっと火が熾せます。季節や炭の量にもよりますが!わたしの場合は火が起きてからおおよそ15分少々で使える炭になりました。お値段は他の物より割高かもしれませんし!こんな火おこし程度のことには代用できるものがいくらでもあると思います。本当に便利で使いやすい商品です。早く使ってみたいですね。と気付いてからはもう楽楽♪友達も欲しい!と近所のホームセンターで似た物を買ったらしいのですが、少し中の作りが違うみたいで、やっぱり本物には敵わない!と言ってました(*´∀`)♪優れものです。すると上部開口部より火を噴くほど火が熾りました(^^)既に20分経過していた炭でしたので!それらはコンロに全量移し!改めて炭を入れて上記方法(新聞紙連続投入)を試してみました。ホームセンターにある安い炭をこれで着火し!七輪の下面に備長炭を入れ焼き鳥しました。チムニースターター(チャコールスターター)は既に数個持っていて、でも、やはり本家本元Weberのやつが欲しくて購入しました。長い目で見れば、間違いなく重宝します。もちろん変なにほひがしてしまう着火剤も使いません。お店の対応も迅速で、とても助かりました。そう思うと!バーベキューの日が楽しみです。底が山状になっていて!その形状も火を回りやすくしているのだと思います。大人数のバーベキューには是非!!使うまでは半信半疑でしたが今日のバーベキューで大活躍!本当に新聞紙1枚で完璧に火おこしができました(^-^)時間は15分くらいかな!見ていた友達も絶賛していました。収納は、Weberグリルの焼き網外して炭置き網の上に置き、蓋をすればいいです。(尚、全て自己責任で行ってください。おそるべし!チムニースターター!!!。焼き網どうすんだって話ですが!斜めに置いたり物干し竿に掛けたりしています。前から使用しているスターターが熱でヨレヨレになってきたことと一度に熾せる炭の量が少なすぎることから購入しました。いつもオガタンなので、火付きが難しく難儀してましたが、スターターが来たので大幅に楽ができそうです。他の方のレビューにもあるように、届いてみると想像以上に「でかい!」商品です。野外焼肉ではないロー&スローなBBQをする場合、温度管理が必要で、長時間調理するため炭(チャコール)の追加も発生します。これまでかいた汗!使った労力が!まるで無駄であったことを知らされます。が!今回の商品ではその3倍は一度におこせる為料理もスムースです。何より安全第一です。迅速な対応ありがとうございました。Weberチムニースターターでなくとも問題ないですが、そのデカさ故、結構そういう時に重宝します。買って半年になりますが、大活躍です!初めて使った時は、うちわであおいだり、火が付いてるかな?と動かしてみたりで時間がかかったのですが、もう火を付けたら何もしないでオッケー。何が一番違うかというと「大きさ」です。使い方は簡単です。基本的には。基本的には、ホームセンターに売ってある商品と性能的には変わりありません。ただ!今回は家のお庭でのBBQだったので良かったのですが!持ち運びという点では大きいし!かさばります・・・BBQで一番大変なのは炭に火をつけること。レビューが多かったのも納得できる着火です!念願のラピッドチムニーです。この状態で炭の上下を入れ替えたりするか!もう5分でも待っていると全体に火が熾ったと思います。これを見た友人らは、皆一様に驚き、そして購入しちゃってます。デカさがひときわ目立ちます。すぐに火が起きて数分で炭に引火します。ご家族!とくにお子さんと一緒にバーベキューを行う際の使用を考えるとガラクタで作ったような物はなるべくなら使いたくないです。とにかく夏場のバーベキューなどでは熱い思いもせずとも着火することができて最高ですよ。−*−*−*−*−*−*−*−*−*−上記感想を書いた後に実際に使ってみました。別荘のバーベキューテラスに置きっ放しにする予定なので大きいのは関係ありません。みなさん一所懸命、汗だくになって団扇を仰いでいますが、これを使えば団扇でまったく煽がずとも簡単に炭に着火できます。うちは大きな車庫があるので!そこに他社製品と並べて置いています。またよろしくお願いします。なお!直火を炊いて!既に火が消えてしまったところにこれを置いておいたら!なんとまた火がついてしまいました。しかし使い勝手の良いサイズ!作りの良さ!耐久性。チムニースターターの存在を知ってから、ずっと欲しいと思ってました。どこかの書き込みで「新聞紙2枚で20〜30分で炭に火が熾った!」って読んだので、本当に新聞紙2枚だけしか使用せずに20分待ちましたが、ゴウゴウと火が熾ることはありませんでした(T_T)目的は新聞紙2枚で火を熾すことではないので、更に新聞紙を丸めて底部に投入し火を付け、それが燃え尽きるまでに次の新聞紙を丸めて投入しました。皆さんのレビューどおり、ウチワであおがなくても、新聞紙と少しの着火剤で、火柱が上がるほど火が起きました!かさばるけど、軽いものですし、なによりあの火の起き方を目の当たりにしたら、もう手放せません。バーベキューの日はまだ先なだけに使うのが楽しみです。早速、週末に使用して見ます。以上。そういうことが出来るくらいデカイ。ご参考になれば幸いです。